利用の規則等
宮城教育大学情報処理センター規程

宮城教育大学情報処理センター利用規則
宮城教育大学情報処理センター年報 投稿規定

宮城教育大学情報処理センター大型カラープリンタ利用規程
宮城教育大学情報処理センター大型カラープリンタ利用料要項



宮城教育大学情報処理センター規程

宮城教育大学情報処理センター規程
平成16年4月1日制定
平成23年3月9日最終改正

(趣旨)

第1条 この規程は、国立大学法人宮城教育大学学則(平成16年4月1日制定)第11条第2項の規定に基づき、宮城教育大学情報処理センター(以下「情報処理センター」という。)の組織及び運営について定めるものとする。

(目的)

第2条 情報処理センターは宮城教育大学(以下「本学」という。)の学術研究、情報処理教育及び学内情報処理の推進に資することを目的とする。

(業務)

第3条 情報処理センターにおいては、次の各号に掲げる業務を行う。
一 学術研究のための情報処理に関すること
二 学術情報の利用及び提供に関すること
三 情報処理教育の立案、計画、実施及び利用に関すること
四 附属図書館及び関連各部局事務等の電算処理支援に関すること
五 全国共同利用大型計算機センター等の利用及び連絡業務に関すること
六 電子計算機システムの運営及び管理に関すること
七 その他の情報処理に関すること

(職員)

第4条 情報処理センターに、センター長のほか、必要な職員を置く。
2 センター長は、情報処理センターの業務を掌理する。

(センター長)

第5条 センター長の選考は、本学の専任教授のうちから、次条に規定する情報処理センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)の議に基づき、教授会の議を経て、学長が行う。
2 センター長の任期は、2年とし、再任を妨げない。

(運営委員会)

第6条 情報処理センターの円滑な運営を図るため、運営委員会を置く。

(審議事項)

第7条 運営委員会は、次の各号に掲げる事項について審議する。
一 管理運営に関する基本方針
二 予算に関する事項
三 その他管理運営に関する必要な事項

(組織及び任期)

第8条 運営委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。
一 センター長
二 情報処理センターの教授会構成員
三 教授会構成員若干人
2 運営委員会に委員長を置き、センター長をもって充てる。
3 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
4 第1項第3号に掲げる委員は教授会の議を経て、学長が委嘱する。
5 第1項第3号に掲げる委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(定足数及び議決)

第9条 運営委員会は、委員の3分の2以上が出席しなければ会議を開くことができない。
2 議決を要する事項については、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(関係者の出席)

第10条 運営委員会は、必要に応じ関係者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(専門委員会)

第11条 運営委員会に、専門委員会を置くことができる。
2 専門委員会に、必要に応じ運営委員以外の者を、委員として委嘱することができる。
3 専門委員は、運営委員会の議を経て、センター長が委嘱する。
4 専門委員会に関し、必要な事項は、その都度、運営委員会が定める。

(庶務)

第12条 運営委員会の庶務は、研究・連携推進課において処理する。

(運営の細目)

第13条 この規程に定めるもののほか、情報処理センターの運営に関し必要な事項は、運営委員会の議を経て、センター長が定める。

附 則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。
附 則 (19規第40号改正)
 1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。
 2 ただし、平成19年度に限り、第12条においては、次の通りとする。
(庶務)
 第12条 運営委員会の庶務は、就職・連携主幹において処理する。

附則 (23規第62号改正)

この規定は、平成23年4月1日から施行する。

宮城教育大学情報処理センター利用規則

平成7.2.1 制定
改正 平成9.9.9   
     平成16.10.  

 (趣旨)
第1条 この規則は,宮城教育大学情報処理センター(以下「情報処理センター」という.)
の利用に関し,必要な事項を定めるものとする.

 (情報処理センターシステム)
第2条 情報処理センターが運用管理するシステム(以下「システム」という。)とは以下のことをいう。
 一 センターコアシステム
 二 センターメディアシステム
 三 センターマネジメントシステム
 四 学習支援システム
 五 ネットワークシステム

 (利用の資格)
第3条 情報処理センターを利用することができる者は,次の各号に掲げるものとする.
 一 本学教職員
 二 本学学部学生
 三 本学大学院生
 四 特殊教育特別専攻科学生
 五 本学において情報教育を受ける者
 六 その他情報処理センター長が適当と認めた者
――――――――――
 本学教職員
 客員教授
 非常勤講師
 共同研究者

 学生
   学部学生
   大学院学生
   専攻科学生
   研究生
   科目等履修生
    (留学生は上記のいずれかに属する)
――――――――――
 (利用の手続き)
第4条 システムを利用しようとする者は、所定の申請用紙(別紙様式1)により、利用の課題ごとに情報処理センター長(以下「センター長」という。)に利用申請を行い、その承認を受けなければならない。

2 前項の申請において、同一課題で2名以上の者が利用する場合は、利用申請者は共同利用者名簿を提出しなければならない。

3 センター長は、前項の利用申請を承認したときは、承認を受けた者(以下「利用者」という。)を登録し、その旨を通知するものとする。

4 第3条に掲げる四、五及び六の者が、教育研究上の理由によりシステムを利用する必要がある場合は、指導教官の責任のもとに所定の申請用紙(別紙様式2)により、利用申請を行い、その承認を受けなければならない。

5 第3条に掲げる二及び三の者は、入学時に情報処理センターが一括して登録する。

6 登録の有効期間は、第3条に定める資格を喪失した時に、自動的に消滅する。

7 利用者は、申請に関わる事項について変更が生じた場合、改めてこの利用規則により、承認を受けなければならない。

 (教育利用)
第5条 情報処理センターを情報処理教育に利用しようとする者は、あらかじめ所定の教育利用申請書(別紙様式3)を教務課に提出しなければならない。

 (LANへの接続)
第6条 本学のローカルエリアネットワーク(LAN)に機器を接続しようとする者は、所定の申請書(別紙様式4)をセンター長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 前項により、設置した機器を変更または廃止しようとするときは、センター長の承認を受けなければならない。

 (LANにおける各利用申請)
第7条 本学LANにおいて所定の利用を行うときは、各申請書(別紙様式5から10)をセンター長に提出し、その承認を受けなければならない。

  学外に向けサービスを行うサーバの設置 ------ 様式5 対外サーバ設置申請書
  学内において独自のサブドメインを設置 ------ 様式6 サブドメイン設置申請書
  学内においてサブネットを設置    ------ 様式7 学内LANサブネット設置申請書
  Webにおいて組織等の単位でホスト運用する --- 様式8 バーチャルホスト設置申請書
  仮想的組織等の端末を設置       ------ 様式9  VLAN設置申請書


 (利用の制限)
第8条 利用者は、センター長の承認を受けた目的以外にセンターを利用してはならならない。

2 利用者は別に定める「情報処理センター利用上の注意」を遵守し、モラルを持って利用しなければならない。

(利用の報告)
第9条 利用者は、利用を承認された課題に関する処理を終了し又は中止した場合は、その旨を速やかにセンター長に届けるとともに、その結果を報告しなければならない。

2 センター長は、必要があると認める場合は利用者に対し処理状況等の経過について報告を求めることができる。

 (成果の公表)
第10条 情報処理センターを利用して得た成果を論文等により公表するときは、情報処理センターを利用した旨を明記し、別刷り2部をセンター長に提出するものとする。

 (経費の負担)
第11条 利用者は使用料を負担しなければならない。ただし、センター長が適当と認める間は、使用料を免除することができる。

 2 使用料等については、情報処理センター運営委員会の議を経て、センター長が定める。



 (利用承認の取消し等)
第12条 利用者が、この規則に違反し、又は情報処理センターの運営に重大な支障を及ぼした場合は、センター長は利用の承認を取消し、又は一定期間利用を禁止することができる。

 (雑則)
第13条 この規則に定めるもののほか、情報処理センターの利用に関し必要な事項は、情報処理センター運営委員会の議を経て、センター長が定める。

  付則
 この規則は、平成7年4月1日から施行する。