サイト内検索 powered by Google

教室のネットワーク環境

教室でネットワークコンセントの出ている教室はすべてDHCP[Dynamic Host Configuretion Protocol]での接続が可能です。 DHCPはネットワークを使用する際に、IPアドレスを自動的に割り当てるために作られたプロトコルです。

▼教室からの利用(ex.2号館で)

[セットアップ]

230、235教室ではマシン本体と机の引き出し部分に設置されたHUBのポートをEtherケーブルで繋ぎます。
電源ケーブル(台数によってタップを使用)を繋ぎ、起動させます。
注)マシンの起動よりケーブルを繋ぐほうが先です。

▼Windows 10 -DHCPの場合

  1. windowsキーをクリックして[設定]を開きます。

  2. [ネットワークとインターネット]を開きます。

  3. [イーサネット]から[アダプターのオプションを変更する]をクリックします。

  4. 有線の設定である[イーサネット接続]または[ローカルエリア接続]を右クリックし、プロパティを開きます。

  5. [インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]を選択し、プロパティをクリックして開きます。

  6. [IPアドレスを自動的に取得する]、[DNSサーバのアドレスを自動的に取得する]にチェックを入れて[OK]をクリックします。


▼繋がらない場合

▼再接続をしてみます。
注意
マシンの起動(=接続)から学外利用のための認証までは10分以内で完了すること。
また、途中でスリープすると、再接続の必要がある。
▼[トラブルシューティング]をしてみます。

  • [設定]>[ネットワークとインターネット]>[ネットワークのトラブルシューティングツール]をクリックして実行。


▼Macihtosh-DHCP設定

ネットワーク接続の設定においてDHCP接続であることを確認します。
[アップルメニュー]→[システム環境設定]→[ネットワーク]→[TCP/IP]の設定を[DHCPサーバを参照]にして[今すぐ適用]をクリックすると有効となります。

[繋がらない場合]

▼再接続をしてみます。
注意
マシンの起動(=接続)から学外利用のための認証までは10分以内で完了すること。
また、途中でスリープすると、再接続の必要がある。
▼[アップルメニュー]→[システム環境設定]→[ネットワーク]を開きます。
[IPv4を設定]を[DHCPサーバ...]から[手入力]にし、再度[DHCPサーバ...]に戻し[今すぐ適用]にします。
▼または、マシンの再起動を行います。

▼学外サーバと接続

  1. 学外サーバに接続し、Webページの閲覧等を行う場合には、DHCPの設定で接続したPCのブラウザを使用して、以下のURLに接続します。
       https://dhcp.miyakyo-u.ac.jp/
  2. User Name(本学メールアドレスの@より前の部分)とPasswordを入力します。



  3. 認証されると、学外のWebページを閲覧可能になります。
  • 情報処理センターで貸し出している端末においては、DHCP認証を行わなくても学外サーバとの接続が可能です。

pagetop