サイト内検索 powered by Google

はじめに

演習室MacOS Xは、Windows端末同様、起動時にユーザの認証を受け、利用することができます。

起動とログイン

  1. 電源投入
    本体裏側の電源ボタンを押す。
  2. ユーザー名とパスワードを入力する。
    認証画面が出たら、

    名前 ユーザ名<学籍番号>
    パスワード <登録通知書にある8桁のパスワード、又は、自分で変更したパスワード>

    を入力し、reternキー(Enterキー)を押す。
    • ユーザ名からパスワードの入力枠の移動はreturnキー(Enterキー)、tabキー、マウスで移動する。
    • すべて半角英文字で入力のこと。
    • パスワードは入力してもそのままは表示されないので、間違えないよう丁寧に打つこと。
      • 大文字・小文字について
        • キーボードのアルファベットキーを押すと通常の状態では小文字が入力される。
        • Shiftキー(左と右の2つキーあるShiftキーのうちのどちらか)を押しながら、キーを押すと大文字になる。
        • Shiftキー+Caps Lockキーを押しておくとCaps Lockが有効になり、Shiftキーを押さなくても大文字が入力できる状態となる。
          もう一度Shift+Caps Lockキーを押すと、Caps Lockは解除される。
          右上のCaps Lockのランプが点灯しているのがCaps Lock有効の目印。
      • returnキー(Enterキー)は入力した文字を確定するときなどに押す。

    ▼第1演習室のキーボード (iMacのテンキーパッド付きキーボード)

    • 注)パスワード  (パスワードのページをを参照
      パスワードは英大文字・英小文字・数字・特殊記号のうち3種類を含む8文字のものをお勧めする。
      学籍番号(=ログオン/ユーザ名)や自分の名前、辞書にある単語、固有名詞などの推測されやすいパスワードは使わないようにしよう。
      記号も積極的に使ってよいが、使用できない記号(カギ括弧[]やピリオド.カンマ,)があるので注意する。
      また、大文字小文字は区別されるので、入力のときに(大文字を続けて入力するための)CapsLockキーが押されていないか注意しよう。
      また、数字等を入れて定期的に変更が可能なものを選ぼう。
pagetop

終了

  1. アップルメニューの[システム終了]を選択する。
  2. [システム終了]をクリックする。
pagetop