サイト内検索 powered by Google

利用にあたっての注意


ネットワーク接続している人は、次の作業は必須です。

1)Windowsアップデートを毎日チェックする。


最新ウイルスはソフトの「バグを突くことによって感染を広めていく」ものである。
ウイルス対策ソフトは対症療法。最新版のウイルスパターンを知りえない限りチェック不能
→ソフトウエアのほころびをあらかじめ直しウイルスに感染しない体力をつける。
Windowsアップデートを行うには....以下を参考に。
         →セキュリティ/セキュリティ対策


2)ウイルス対策ソフトの利用も必要。Windowsアップデートと両輪。


ただインストールするだけではだめで、常駐させ、最新版のウイルスパターンデータを取得し続けることが必要。
ウイルス対策ソフトのアップデート方法は....また、ウイルス対策ソフトの使用期限が来てしまった人は....
それぞれ以下を参考に。
         →セキュリティ/セキュリティ対策


3)むやみにWindows共有をONにしない。


むやみに共有していると、他のマシンで感染したウイルスが自動コピーされる。
Windows共有がONになっているかどうかの確認方法は...
エクスプローラの [ツール]−[フォルダオプション] をクリックします
[表示] タブをクリックし、詳細設定の「簡易ファイルの共有を使用する (推奨)」のチェックを解除します。
「OK」ボタンをクリックします。


4)OutlookExpress以外のメールソフトへの移行を考える。


ウイルスはメジャーなソフト用に作られる。
ウイルスメールをばらまく相手先もOutlookExpressのデータが使われるBeckyやEudora等他のメールソフトを 使うことも考える。


5)最新情報の取得。


ウイルスは、毎日作成されている。信頼できる情報源から最新情報を取得しよう。
http://www.ipa.go.jp/security/

ネットワークを利用する人のモラル



●ネットワーク利用においては無責任な発言はしない。
他人を誹謗中傷する発言、情報を公開してはいけない。訴訟問題になりかねません。

●有害情報サイトへのアクセスはしない。
●ネットワーク上の有料情報源は原則として利用しない。
●著作権/商標/肖像権などを守る。
ソフトウェアや画像データなどには必ず著作権が認められており、勝手にコピーなどは禁止されています.

●不正アクセス、システム破壊、サービス妨害はしない。
●パスワードは大切に。後述する「パスワード」を良く読み、安全な運用をすること。
●不必要なプライバシーの開示や聞き出しをしない。  
クレジットカード番号を伝えることは危険を伴うということ、またホームページなどのアンケートにも注意をすること。

●他人のプライバシーの保護
他人の情報を盗んだり、得た情報を勝手に公開しないこと。

●コンピュータウィルスに気をつける。
センターでは起動時にウィルスチェックをかけますが、メール受信時、ダウンロード時 そしてFDなどのメディアを使用の際には注意すること。
そこで、ウイルス感染の結果が表示されたらセンター受付に連絡ください。


morale 以上の注意事項を守らずに、システムに障害を発生させた場合、インターネット上でトラブル
    を起こした場合には、利用を禁止することもあります。

pagetop