サイト内検索 powered by Google

Thunderbird 2 は、2010年6月でサポートが終了します。
Thunderbird 3 のダウンロードページ:http://mozilla.jp/thunderbird/

Thunderbirdの起動とアカウント作成

▼Thunderbirdの起動

  1. [スタート]ボタンをクリックします。
  2. [スタート メニュー]から、[電子メール]をクリックします。

▼アカウント作成

初めてThunderbirdを起動したときには、起動と同時に[アカウントウィザード]が始まります。

  1. 「メールアカウント」の設定をするので[次へ]をクリックします。
  2. 差出人情報を入力します。
    ここが一番重要。
    他の部分は間違ったらエラーになるのですぐわかるが、ここの入力ミスはすぐにはわからない。
    すべて半角文字で入力する。
    Windowsでは、半角と全角の区別がつきにくいので特に注意する。
    本学では、[あなたの名前]には名字部分を大文字、名前部分は最初の1文字を大文字で以下小文字で入力することを推奨しています。

    例:MIYAGI Kyoko [メールアドレス]は、ユーザID@staff.miyakyo-u.ac.jp
    (この部分を間違うとメールを送受信にエラーは無いが出したメールへの返事が届かなくなる)

    [あなたの名前][メールアドレス]それぞれに各自の情報を入力します。
    [次へ]をクリックします。
  3. [サーバ情報] でIMAPにチェックを入れます。
    [メール受信サーバ]に“imap.staff.miyakyo-u.ac.jp”と入力します。
    [メール送信サーバ]に“smtpauth.miyakyo-u.ac.jp”と入力します。

  4. 入力したら[次へ]をクリックします。

  5. ユーザ名の入力は、あらかじめユーザID(メールアドレスの@マークより前)が入力されているので、そのまま[次へ]をクリックします。
  6. アカウント名はそのままでOK。[次へ]をクリックします。
  7. これまでの設定を確認の上、[完了]をクリックします。
    ※とりあえずの設定完了であり、細かな調整が残っています。
  8. 完了の時点で、パスワードが要求されます。
    [パスワードマネージャでこのパスワードを保存する。]のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。
  9. 下図のような警告が出るので「OK」をクリックします。
pagetop

基本設定

▼アカウント設定

  1. つづいて、作成したアカウントの設定を行います。
    Thunderbirdが起動している状態から始めます。
  2. [ツール]メニューから[アカウント設定]をクリックします。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

  3. アカウントが作成されています。
    はじめに送信サーバの設定を確認:左メニューの[送信(STMPサーバ)の設定]をクリックします。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

  4. [編集]をクリックします。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

  5. STMPサーバの[セキュリティと認証]グループの[SSL]を選択して[OK]をクリックします。

  6. 受信サーバの設定:左メニューの[サーバ設定]をクリックします。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

  7. サーバ設定の[セキュリティ設定]グループの[SSLを使用する]を選択します。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

  8. 左メニューの[編集とアドレス入力]をクリックします。
    [編集]グループの [HTML 形式でメッセージを編集する]チェックボックスのチェックをはずします。
    [OK]をクリックして、アカウント設定を終了します。

    ▲クリックすると大きなイメージでご覧になれます。

pagetop